top
contact
 
色彩管理システムの販売
マンセル値測定サービス
輝度比測定サービス
色彩検索サービス5000
〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目8番15号
tel.03-3662-4188
fax.03-3664-8072
e-mail.info@colorplanning.net
Copyright 2011 Color Planning Center,Inc.
カラープランニングセンターでは、景観の調査や届出業務に大変便利な色彩計測システムを大日精化工業株式会社と共同で開発しました。分光光度計を用いた高度な色彩管理を従来のおよそ1/3の価格(代表的な分光光度計との比較)で実現するものです。

分光光度計を使った色彩管理システムの発売


カラープランニングセンターでは、景観の調査や届出業務に大変便利な色彩計測システムを大日精化工業株式会社と共同で開発しました。
本システムは、景観法・景観条例等における色彩表示の標準として用いられているマンセル値の計測を手軽に実現するもので、特別な経験や能力を必要としないことから、景観・まちづくりに関わる多くの皆さんに便利な色彩管理ツールとしてお使い頂けるものです。
本システムでは、色彩管理ツールのデファクトスタンダードとなっている、エックスライト社の[i1(アイワン)]を入力デバイスに利用し、お手持ちのWindowsパソコンを使って高精度な色彩計測が可能になります。色彩は、マンセル表色系のほかLab表色系やXYZ表色系などの尺度で計測することができ、景観のみならず本格的な色彩管理にも用いることができる機能を有しています。




▲アイワンシステムを使用した建築外装材の色彩計測

設計者・デザイナーのみなさま


近年の社会動向から景観条例等を制定する自治体が増えています。多くの自治体では、建築物等の計画に際して、外壁や屋根の色彩をマンセル値でルール化し、事前の届出を義務づけています。景観法を根拠とした景観計画では、制限値を超える色彩を用いた場合、変更命令の対象となる場合もあります。
今までメーカー任せだったマンセル値の計測が社内でできるようになれば、ご希望の色彩が使用可能かどうかが即時に判断でき、色彩や材料の選択肢も広がります。また、正しい計測値による届出には説得力があり、貴社やクライアントのコンプライアンスにもつながります。

行政担当者のみなさま


「マンセル値によるルールを定めたもののきちんとした運用ができない。」とお悩みの窓口職員の方は意外と多いようです。また、窓口に届け出られたマンセル値が不正確であるケースも少なくありません。色票を用いたマンセル値の計測には一定の経験や能力が必要になり、特に制限ぎりぎりの色彩は、経験豊かな職員でも可否判断に迷うところです。
マンセル値の計測が窓口で行えるようになれば、設計者や事業者からの相談にも気軽に応じることができ、自信をもって色彩基準を運用することができます。
また、新たなルールづくりにあたっては、計測機械を使った高精度な現況調査を行うことができ、地域の合意形成が得やすく、一定の根拠に基づいた色彩基準を策定することが可能になります。

予算の目安


本システムは、入力バイスである[i1Basic Pro(アイワン・ベーシック・プロ)エックスライト社製]とWindows対応の色彩管理ソフトウエア[カラコム色彩管理i1─CPC]によって構成されています。計測には、別途Windows搭載のパーソナルコンピュータが必要になります。予算の目安は、およそ30〜40万円です。(アイワンのシステム・価格改定に伴いお求めやすくなりました。)分光光度計を用いた高度な色彩計測には100万円を超える機器が用いられており(弊社調べ)、従来の1/3の価格で高精度な色彩管理ツールを導入することが可能になります。


詳しくは、弊社インフォメーションまでお問い合わせ下さい。

〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-8-15
tel.03-3662-4188 fax.03-3664-8072
e-mail.info@colorplanning.net